手術後の感情変化|中絶手術について知っておこう┃方法や時期などを解説します

中絶手術について知っておこう┃方法や時期などを解説します

病院

手術後の感情変化

医者

妊娠した子供を中絶する場合、一部の女性はその後のケアが必要になる場合があります。東京では手術後にカウンセリングなどを受けるケースがあり、妊娠中絶をした女性にどんな症状ができるのかを簡単に説明していきます。
東京では基本的に、中絶後にカウンセリングなどを必要としない場合がほとんどです。手術をしたことを後悔する女性はまれといえますが一時的な罪悪感や悲しみを感じることがあります。しかし手術後の安堵感の方が大きく時間とともに暗い感情もなくなっていきます。ですが、中には中絶後に精神的に参ってしまう女性の方もいて、胎児したことに罪悪感を感じなければならないと思っているのに、自身があまり罪悪感を感じていないことから自己嫌悪に陥ることがあります。東京では中絶後に苦しむ原因の中に孤独があります。これは家族やパートナーからのサポートが足りない場合がほとんどです。また、自己評価の低い女性の多くが落ち込んでしまい、中絶後にうつ病になってしまうパターンもあります。感情をコントロールできずに押しつぶされそうなときは注意が必要なので医師やカウンセラーといった専門家に助けてもらうのがよいでしょう。中絶後に自分を助ける方法として、悲しみや苦しいといった感情は表に表すことで負担を軽減することができます。また、自分にあまり厳しくしすぎてしまうと自分を精神的に追い詰めることになってしまいます。自分の決断を信じてあまり深く考えないことを心がけましょう。
中絶後に精神的に落ち込んでしまうのは仕方のないことかもしれません。ですが、落ち込んだまま放っておくのは危険なことです。東京では心のケアを専門に請け負う医師やカウンセラーがいますので、自分ひとりで抱え込むことはせずに素直に相談しましょう。